商品詳細

イチロー凌ぐ天才打撃師マウアー





'09シーズンほどイチローが充実したシーズンはなかったと思います。

なのに終盤、どうぢてもこのマウアーの存在感をしのげなかったのは印象的でした。

しかもプレイオフに突入しての長打に打点への貢献度、OPS値の高さでも悔しいかな、初めて「ライバル」というものの出現に意識する事となった、もうひとりの天才ジョー・マウアーの実力を見せつけられました。

さらにグーの音も出ないほどの存在感の見せ付けられ方をした挙句にALMVPをかっさらわれてしまうのです。

あの殿堂、ポール・モリターと同じ名門高校で野球をしていたマウアー、「ハイスクール時代に三振は一度しかしなかった」という伝説にはイチローも思わず「白旗」。

83年生まれのジョー。04季にインディアンストの試合であのベタンコートからいきなり「3−2」という[メジャー入り初ヒット]という離れワザ演じたジョーを、いったんはメジャーフル出場デヴューさせようとしたツインズも、慢性だったヒザ痛を完全に治すべきと、この年は手術とリハビリに専念させて温存。

明けて05季に出撃体勢は整った。570万ドルというツインズでしかもルーキーとしては破格の好条件で入団したジョーは「メジャーフルシーズン出場」デビューを遂げる。

シーズン通算:2割9分4厘、144安打を放った、とはいえそれがたった「131」試合出場での数字とくればすでに双葉より芳しかった……ということか。

06季、5-6月頃となると全米のメディアがツインズの広報に取材のアポ取りを一斉に開始した。というのも6月に入った最初の10日間だけでじつにジョーは「.528」も放ち、この月トータルでは「.452」と快進撃のリズムに乗ってきたからである。

それは同時にピアザが97季にマークした記録=「5試合連続、[塁打数四]以上」に方を並べる。そして当然ながらこの「6月月間MVP」に輝いてしまう。

それにしても終盤のアリーグ首位打者戦線ではジョーに喰らいつくNYYの二人=ジーターにカノーが猛然とつばぜり合いを演じるが、「.347」でジョーが栄冠に輝く。

これは歴史始まって以来、捕手による首位打者獲得劇であり、42季にアーニーロンバルディが打ち立てた「捕手による最高打率.347」に両リーグ通じて初めて肩を並べることができた記録といえ、そもそもロンバルディのその42季は太平洋戦争中で多くの実力ある投手が兵役で歯抜け状態、現在のような戦国時代(ナンか変だな)と比較すればどれほどに価値が上か判らない。

ジョー自身が《目標で会えたのが夢のよう》といったイチローに、(選手相互の選出で#1で出場)ジョーは隣のロッカーに座ったりケージではヴィデオを撮りまくっていたというが、ボクは何よりも、《ヒットを打つ》ということに関してイチローはジョーという存在が誕生して最も喜んでいる男だろうと観測している。

打率ではこの“愛弟子”に遅れを取ったものの、06季のイチローはこのマウアー出現騒動以来、塁に出れば脚を使い、ヒッティングもよりインパクトが強くなったように見える。

おそらく、イチローは10年ぶり(?)に始めてライバル、いや、粉砕すべき好敵手との出逢いに至福の想いだろうとボクは観測している。

今季のオフに、イチローは今まで以上にトレーニングの密度がさらに高まろう。

この何年かぶりの”ペースメーカー”の出現によって、イチローのスキルはより高度に高められ、《秘かに狙う「ピーとローズ越え」》達成をさらに早める結果を招き入れるはずだ。

「イチローとはそうした人間だ」とボクは確信を持って言える。

通算8シーズン 918試合出場3388打数1096安打、打率.32309季.365!)、545得点、216二塁打16三塁打、本塁打84本、502打点、出塁率.403、長打率.471、OPS値.87409季=1.031!!!1110月終了時 捕手=0809季ゴールデングラブ賞

商品番号 maueratb
商品名 イチロー凌ぐ天才打撃師マウアー
販売価格 20,520円
税別価格 19,000円
送料区分 送料別
配送タイプ 佐川急便
在庫

数量:

あの頃、
ボクの心のヒーローだったスターのぬくもり、
それを「身近に置ける」ようになったいま、
「夢」を夢で終わらせない…。

真贋を見きわめたうえ、
ご提案しています。
 

商品カテゴリ
商品検索
キーワード
商品詳細

イチロー凌ぐ天才打撃師マウアー





'09シーズンほどイチローが充実したシーズンはなかったと思います。

なのに終盤、どうぢてもこのマウアーの存在感をしのげなかったのは印象的でした。

しかもプレイオフに突入しての長打に打点への貢献度、OPS値の高さでも悔しいかな、初めて「ライバル」というものの出現に意識する事となった、もうひとりの天才ジョー・マウアーの実力を見せつけられました。

さらにグーの音も出ないほどの存在感の見せ付けられ方をした挙句にALMVPをかっさらわれてしまうのです。

あの殿堂、ポール・モリターと同じ名門高校で野球をしていたマウアー、「ハイスクール時代に三振は一度しかしなかった」という伝説にはイチローも思わず「白旗」。

83年生まれのジョー。04季にインディアンストの試合であのベタンコートからいきなり「3−2」という[メジャー入り初ヒット]という離れワザ演じたジョーを、いったんはメジャーフル出場デヴューさせようとしたツインズも、慢性だったヒザ痛を完全に治すべきと、この年は手術とリハビリに専念させて温存。

明けて05季に出撃体勢は整った。570万ドルというツインズでしかもルーキーとしては破格の好条件で入団したジョーは「メジャーフルシーズン出場」デビューを遂げる。

シーズン通算:2割9分4厘、144安打を放った、とはいえそれがたった「131」試合出場での数字とくればすでに双葉より芳しかった……ということか。

06季、5-6月頃となると全米のメディアがツインズの広報に取材のアポ取りを一斉に開始した。というのも6月に入った最初の10日間だけでじつにジョーは「.528」も放ち、この月トータルでは「.452」と快進撃のリズムに乗ってきたからである。

それは同時にピアザが97季にマークした記録=「5試合連続、[塁打数四]以上」に方を並べる。そして当然ながらこの「6月月間MVP」に輝いてしまう。

それにしても終盤のアリーグ首位打者戦線ではジョーに喰らいつくNYYの二人=ジーターにカノーが猛然とつばぜり合いを演じるが、「.347」でジョーが栄冠に輝く。

これは歴史始まって以来、捕手による首位打者獲得劇であり、42季にアーニーロンバルディが打ち立てた「捕手による最高打率.347」に両リーグ通じて初めて肩を並べることができた記録といえ、そもそもロンバルディのその42季は太平洋戦争中で多くの実力ある投手が兵役で歯抜け状態、現在のような戦国時代(ナンか変だな)と比較すればどれほどに価値が上か判らない。

ジョー自身が《目標で会えたのが夢のよう》といったイチローに、(選手相互の選出で#1で出場)ジョーは隣のロッカーに座ったりケージではヴィデオを撮りまくっていたというが、ボクは何よりも、《ヒットを打つ》ということに関してイチローはジョーという存在が誕生して最も喜んでいる男だろうと観測している。

打率ではこの“愛弟子”に遅れを取ったものの、06季のイチローはこのマウアー出現騒動以来、塁に出れば脚を使い、ヒッティングもよりインパクトが強くなったように見える。

おそらく、イチローは10年ぶり(?)に始めてライバル、いや、粉砕すべき好敵手との出逢いに至福の想いだろうとボクは観測している。

今季のオフに、イチローは今まで以上にトレーニングの密度がさらに高まろう。

この何年かぶりの”ペースメーカー”の出現によって、イチローのスキルはより高度に高められ、《秘かに狙う「ピーとローズ越え」》達成をさらに早める結果を招き入れるはずだ。

「イチローとはそうした人間だ」とボクは確信を持って言える。

通算8シーズン 918試合出場3388打数1096安打、打率.32309季.365!)、545得点、216二塁打16三塁打、本塁打84本、502打点、出塁率.403、長打率.471、OPS値.87409季=1.031!!!1110月終了時 捕手=0809季ゴールデングラブ賞

商品番号 maueratb
商品名 イチロー凌ぐ天才打撃師マウアー
販売価格 20,520円
税別価格 19,000円
送料区分 送料別
配送タイプ 佐川急便
在庫

数量: