商品詳細

84-12現役生活オマー・ヴィスケール超美技男






硬球の製造過程で、糸巻きボールに接着剤をたんと着けて外革を貼ってゆきます。
その際に、ムラではないのですが革の性格として水分の吸い込みかたが均等というわけではいきません。

そのため、本個体のように接着剤の吸い上げが「良すぎて」経年変化によりそれがこのように『笑くぼ』がやにわに浮かび上がってくることがあり、プロでも予測などできない宿命があるのです。
それがこれ、サイン本体にかかっていないとはいえ、ワケありとしてのお安くご提供です。

【オマーのショートストップのプレイはまさにマジックだ!】(TheNewsHerald)

(続けて同記事は)【ショートストップのプレーヤーとして、彼のスタイル(=比類なきボールへの柔らかさ)には確固たる主張とガンコな形というものに基づいた、いわば、彼のデヴュー以来の”伝統的職人芸”……と表しても過言ではないだろう】という。

もっとも競争の激しいポジション=ショートスタップとして通算11度ものGグラブ賞受賞。

ただ守備がいかに人間ばなれしていようとも、彼を高く買ってくださる渋好みのお方となるとそうはいない。
それにしても日本でこの選手を好き・・・という方は、かなりのマニアとみた。小生のお友達です(笑)

甘いマスク、打線に入ればクレバーな戦闘力として、インディアンズ時代から男女のファンから指示を受けてきたオマー。

89年シアトルでケングリフィーJR.とともにデビュー。

それが現在45歳になった最後のシーズンをブルージェイズで終えた。
英語での「10年代を一区切り」にした「ディケード」というくくりでいうと、『4Decades』にわたるメジャー唯一の選手。

 

シアトルでの7年間を終えて、その後インディアンスに移ると、稀代の名内野手と呼ばれたセカンド=ロベルト・アロマーと組んで、ありえない当たりまでをゲッツーに仕留めてしまうなど、ロベルトという名の『薬品』と、オマーという『薬品』は良い意味での『化学反応』を起こして、それ以降のメジャーの世界で内野手守備のお手本として多くの若者に影響を与えてゆくのである。

またここではマニー・ラミレスやロフトンらとうるさい打線の中核として、大砲は俊足におびえる相手をオマーはもっぱらかき回し役に徹して、もっぱら相手バッテリーをコツコツジワジワと9インニングスにわたっていじめる……といった素敵なキャラ(笑)を演じたのが印象深い。

 

12季でもう23シーズン目という事になるが、この13季に乞われてLAドジャースにコーチ専任として第2の人生を歩むようになった。あの勝負用!おなじみの古びたグラブでの捌きはもう過去のものになってしまうのか。

 

オマーは、それまでオジー・スミスの遊撃手としての専売特許=通算併殺数記録(1590)を07季には早くも更新。同季7月3日のレッズ戦では、ルイス・アパリシオ(2583試合)、オジー・スミス(2511試合)に続き、史上3人目となる遊撃手として通算2500試合出場を果たす。さらに同月21日のブルワーズ戦でスミスを抜き、遊撃手としての通算出場数歴代単独2位。翌2008年5月25日にはついにアパリシオを抜き単独1位となっている。

1999年4月 - 2000年7月にはアメリカンリーグタイ記録の95試合連続無失策(え!!ショートで!?)。

また2008年終了時点で、通算出場記録は2654試合出場となって独走。

通算守備率も歴代1位(1000試合以上対象)の.985。

ゴールドグラブ賞でもオジー・スミス(13回)に次ぐ11回を誇る。
1997年ワールドシリーズ「対Wソックス戦」で魅せた、ビスケルのスーパープレーを動画でご覧下さい。
オマーのショートストップのプレイはまさにマジックだ!
 → www.youtube.com/watch

 














素手で打球をキャッチするベアハンドキャッチを得意とし、そのルーツは8歳の頃から行ってきた「テニスボールでの壁当てと、返ってきたボールを素手でキャッチしていたこと」だと自伝で明らかにしている。

打撃も通算約12,000もの打席に立ち、2,842もの安打数。ホームランこそ80本だが、944もの打点!『バントの犠打数現役#1』にもかかわらずこの約1000もの打点?!

ここが戦闘に入った際この戦士の偉大な部分だろう、45歳になっても引退をさせぬ勝負強さを各球団から評価されている何よりの証拠だろう。必ず試験に出るはずだ(笑)。

慎重も176cm程度の細身にもかかわらず、打者として肝心の「OPS値」も約7割に到達する。

面白いのは盗塁数こそ「401」だが、セーフティバント成功数でも現役のダントツ一位。

いかに戦局、相手の出方を読んで野球をしているかが良く判る。

若返りを目指すブルージェイズが、『さすがに今季限りで引退』を表明しているオマーをベンチに入れて、いったい何を期待しているかがおのずから理解できるというもの。「積み重ねた数字」というものは、事ほど左様に面白い。

 

商品番号 vizquelatb
商品名 84-12現役生活オマー・ヴィスケール超美技男
販売価格 12,960円
税別価格 12,000円
送料区分 送料別
配送タイプ 佐川急便
在庫

数量:

あの頃、
ボクの心のヒーローだったスターのぬくもり、
それを「身近に置ける」ようになったいま、
「夢」を夢で終わらせない…。

真贋を見きわめたうえ、
ご提案しています。
 

商品カテゴリ
商品検索
キーワード
商品詳細

84-12現役生活オマー・ヴィスケール超美技男






硬球の製造過程で、糸巻きボールに接着剤をたんと着けて外革を貼ってゆきます。
その際に、ムラではないのですが革の性格として水分の吸い込みかたが均等というわけではいきません。

そのため、本個体のように接着剤の吸い上げが「良すぎて」経年変化によりそれがこのように『笑くぼ』がやにわに浮かび上がってくることがあり、プロでも予測などできない宿命があるのです。
それがこれ、サイン本体にかかっていないとはいえ、ワケありとしてのお安くご提供です。

【オマーのショートストップのプレイはまさにマジックだ!】(TheNewsHerald)

(続けて同記事は)【ショートストップのプレーヤーとして、彼のスタイル(=比類なきボールへの柔らかさ)には確固たる主張とガンコな形というものに基づいた、いわば、彼のデヴュー以来の”伝統的職人芸”……と表しても過言ではないだろう】という。

もっとも競争の激しいポジション=ショートスタップとして通算11度ものGグラブ賞受賞。

ただ守備がいかに人間ばなれしていようとも、彼を高く買ってくださる渋好みのお方となるとそうはいない。
それにしても日本でこの選手を好き・・・という方は、かなりのマニアとみた。小生のお友達です(笑)

甘いマスク、打線に入ればクレバーな戦闘力として、インディアンズ時代から男女のファンから指示を受けてきたオマー。

89年シアトルでケングリフィーJR.とともにデビュー。

それが現在45歳になった最後のシーズンをブルージェイズで終えた。
英語での「10年代を一区切り」にした「ディケード」というくくりでいうと、『4Decades』にわたるメジャー唯一の選手。

 

シアトルでの7年間を終えて、その後インディアンスに移ると、稀代の名内野手と呼ばれたセカンド=ロベルト・アロマーと組んで、ありえない当たりまでをゲッツーに仕留めてしまうなど、ロベルトという名の『薬品』と、オマーという『薬品』は良い意味での『化学反応』を起こして、それ以降のメジャーの世界で内野手守備のお手本として多くの若者に影響を与えてゆくのである。

またここではマニー・ラミレスやロフトンらとうるさい打線の中核として、大砲は俊足におびえる相手をオマーはもっぱらかき回し役に徹して、もっぱら相手バッテリーをコツコツジワジワと9インニングスにわたっていじめる……といった素敵なキャラ(笑)を演じたのが印象深い。

 

12季でもう23シーズン目という事になるが、この13季に乞われてLAドジャースにコーチ専任として第2の人生を歩むようになった。あの勝負用!おなじみの古びたグラブでの捌きはもう過去のものになってしまうのか。

 

オマーは、それまでオジー・スミスの遊撃手としての専売特許=通算併殺数記録(1590)を07季には早くも更新。同季7月3日のレッズ戦では、ルイス・アパリシオ(2583試合)、オジー・スミス(2511試合)に続き、史上3人目となる遊撃手として通算2500試合出場を果たす。さらに同月21日のブルワーズ戦でスミスを抜き、遊撃手としての通算出場数歴代単独2位。翌2008年5月25日にはついにアパリシオを抜き単独1位となっている。

1999年4月 - 2000年7月にはアメリカンリーグタイ記録の95試合連続無失策(え!!ショートで!?)。

また2008年終了時点で、通算出場記録は2654試合出場となって独走。

通算守備率も歴代1位(1000試合以上対象)の.985。

ゴールドグラブ賞でもオジー・スミス(13回)に次ぐ11回を誇る。
1997年ワールドシリーズ「対Wソックス戦」で魅せた、ビスケルのスーパープレーを動画でご覧下さい。
オマーのショートストップのプレイはまさにマジックだ!
 → www.youtube.com/watch

 














素手で打球をキャッチするベアハンドキャッチを得意とし、そのルーツは8歳の頃から行ってきた「テニスボールでの壁当てと、返ってきたボールを素手でキャッチしていたこと」だと自伝で明らかにしている。

打撃も通算約12,000もの打席に立ち、2,842もの安打数。ホームランこそ80本だが、944もの打点!『バントの犠打数現役#1』にもかかわらずこの約1000もの打点?!

ここが戦闘に入った際この戦士の偉大な部分だろう、45歳になっても引退をさせぬ勝負強さを各球団から評価されている何よりの証拠だろう。必ず試験に出るはずだ(笑)。

慎重も176cm程度の細身にもかかわらず、打者として肝心の「OPS値」も約7割に到達する。

面白いのは盗塁数こそ「401」だが、セーフティバント成功数でも現役のダントツ一位。

いかに戦局、相手の出方を読んで野球をしているかが良く判る。

若返りを目指すブルージェイズが、『さすがに今季限りで引退』を表明しているオマーをベンチに入れて、いったい何を期待しているかがおのずから理解できるというもの。「積み重ねた数字」というものは、事ほど左様に面白い。

 

商品番号 vizquelatb
商品名 84-12現役生活オマー・ヴィスケール超美技男
販売価格 12,960円
税別価格 12,000円
送料区分 送料別
配送タイプ 佐川急便
在庫

数量: