商品詳細

阪神に優勝贈った一寸法師坪田製GU






 

s-hitatezen.jpgs-hiyoko08l.jpg

阪神弘田澄男(GG賞5度受賞)実使用坪田名人製グラブ 300,000(税別)
 
1985年、阪神タイガースはついに念願の『日本一』に輝いた。1番真弓を塁上に置いたら
バースに掛布、そして岡田がそれらをタバになって一掃してしまう。そうする中でいつに間に
か「点が入っている」という闘いぶりだった。
そこの肝心な『二番打者』に入ったのがこの弘田澄男だった。
ロッテを入団早々にして、カネやんの下、仙台の地で日本一を勝ち取る・・・いや、この身長が
公表でも『163センチ!!』という、NPBでも記録に残るほどの小兵が運んできたのである。
未だに新人それもこうした体格の弘田が日本シリーズでの『MVP』を獲得するほどの活躍だった。

そして、パリーグでロッテの半期優勝に3度もかかわり、同時に通算5度にわたるゴールデングラ
ブ賞を獲得する。
別に脚力はそれほど早くはなかったのだがあの阪急福本と同じように弘田は、なによりも眼力に
長けており打球の飛んでくるであろうコースを味方バッテリーのサインから割り出し、いち早いス
タートにより落下点をはじき出す…それはまるで現代戦の砲術計算を思わせた。
それが身長163センチの男を、またたく間にパリーグを代表するセンターフィルダーへと成長さ
せるのであった。
そうした彼に目をつけていたのが阪神タイガースだった。

もともとロッテと阪神とは「小山&山内」という世紀の大トレードを、両者両トクの大成功に収めた
成果を誇っており、今回も阪神の期待はラブラブのまま弘田の要求していた年俸アップに四苦
八苦の低予算ロッテの窮地を、阪神が丸呑み大歓迎という厚遇で彼を迎えるというものだった。

走者を出すものの、強攻策のまま積み上げる併殺のヤマといった慢性の動脈硬化体質を、弘
田の頭脳と機動力を活かす新たな野球への変身を目指し、これに先立つ79季に獲得していた
真弓の魅力ある速射能力を活かすには、まさに弘田獲得はうってつけの編成人事だった。

s-hiyoko85line.jpg
その構造改革元年の1984年、弘田は3割1分3厘。みごとに歯車は回り始める。
そして迎えた85年こそ、1番真弓/2番弘田/3番バース/4番掛布/5番岡田・・・あの広々とし
た雄大な山麓を思わせる甲子園球場の低く偉大なスタヂアムに、これら黄金のラインナップを
順に並べるウグイス嬢の澄み切った音が今も啼きわたるエコーが耳によみがえる。

今年こそチャウからな・・・いや「来シーズンこそは」…やて(泣)そう酒をあおって来たナニワの庶
民がこんどこそうれし涙に暮れる日がやってきたのである。
1985年、大阪阪神タイガースの念願の日本一を、淀川を茶碗の舟に乗りバットで漕いで甲子
園に、初めての優勝の夢を届けに来たのが間違いなくこの「背番号の『1』寸法師」弘田澄男では
なかったのか。

あんさん、弘田の恩忘れてもうたら かないまへんデ


Mizunoグラブ作りの総帥、坪田信義(初代「現代の名工」表彰者)がみずから革を包丁で断ち、
ポンチで革ヒモ通し孔を空け革の調子を整えて、即戦力とまで仕上げたグラブ。
s-hiyokohatome.jpg

★「ドテ部分」を補強するため?特製の金属ハトメで締め具合をリジッドに保つ工夫が

制作されて以来、すでに30年経たものとはとても思えぬほど、それは驚くべき状態に保全されています。

こうした「作り手」「使い手」との合作による『グラブという名の、努力の結晶』が、「現代骨董品」とし
て得体の知れぬ、時には数量の特定すらないようなシロモノというか、凡百ある「ゲー術品」を踏みしだ
き、人々からもてはやされ、『有形文化財』に準ずる評価を見直される時代がきっとやって来ます。

 

商品番号 hirotagug
商品名 阪神に優勝贈った一寸法師坪田製GU
販売価格 324,000円
税別価格 300,000円
送料区分 送料別
配送タイプ 佐川急便
在庫

数量:

あの頃、
ボクの心のヒーローだったスターのぬくもり、
それを「身近に置ける」ようになったいま、
「夢」を夢で終わらせない…。

真贋を見きわめたうえ、
ご提案しています。
 

商品カテゴリ
商品検索
キーワード
商品詳細

阪神に優勝贈った一寸法師坪田製GU






 

s-hitatezen.jpgs-hiyoko08l.jpg

阪神弘田澄男(GG賞5度受賞)実使用坪田名人製グラブ 300,000(税別)
 
1985年、阪神タイガースはついに念願の『日本一』に輝いた。1番真弓を塁上に置いたら
バースに掛布、そして岡田がそれらをタバになって一掃してしまう。そうする中でいつに間に
か「点が入っている」という闘いぶりだった。
そこの肝心な『二番打者』に入ったのがこの弘田澄男だった。
ロッテを入団早々にして、カネやんの下、仙台の地で日本一を勝ち取る・・・いや、この身長が
公表でも『163センチ!!』という、NPBでも記録に残るほどの小兵が運んできたのである。
未だに新人それもこうした体格の弘田が日本シリーズでの『MVP』を獲得するほどの活躍だった。

そして、パリーグでロッテの半期優勝に3度もかかわり、同時に通算5度にわたるゴールデングラ
ブ賞を獲得する。
別に脚力はそれほど早くはなかったのだがあの阪急福本と同じように弘田は、なによりも眼力に
長けており打球の飛んでくるであろうコースを味方バッテリーのサインから割り出し、いち早いス
タートにより落下点をはじき出す…それはまるで現代戦の砲術計算を思わせた。
それが身長163センチの男を、またたく間にパリーグを代表するセンターフィルダーへと成長さ
せるのであった。
そうした彼に目をつけていたのが阪神タイガースだった。

もともとロッテと阪神とは「小山&山内」という世紀の大トレードを、両者両トクの大成功に収めた
成果を誇っており、今回も阪神の期待はラブラブのまま弘田の要求していた年俸アップに四苦
八苦の低予算ロッテの窮地を、阪神が丸呑み大歓迎という厚遇で彼を迎えるというものだった。

走者を出すものの、強攻策のまま積み上げる併殺のヤマといった慢性の動脈硬化体質を、弘
田の頭脳と機動力を活かす新たな野球への変身を目指し、これに先立つ79季に獲得していた
真弓の魅力ある速射能力を活かすには、まさに弘田獲得はうってつけの編成人事だった。

s-hiyoko85line.jpg
その構造改革元年の1984年、弘田は3割1分3厘。みごとに歯車は回り始める。
そして迎えた85年こそ、1番真弓/2番弘田/3番バース/4番掛布/5番岡田・・・あの広々とし
た雄大な山麓を思わせる甲子園球場の低く偉大なスタヂアムに、これら黄金のラインナップを
順に並べるウグイス嬢の澄み切った音が今も啼きわたるエコーが耳によみがえる。

今年こそチャウからな・・・いや「来シーズンこそは」…やて(泣)そう酒をあおって来たナニワの庶
民がこんどこそうれし涙に暮れる日がやってきたのである。
1985年、大阪阪神タイガースの念願の日本一を、淀川を茶碗の舟に乗りバットで漕いで甲子
園に、初めての優勝の夢を届けに来たのが間違いなくこの「背番号の『1』寸法師」弘田澄男では
なかったのか。

あんさん、弘田の恩忘れてもうたら かないまへんデ


Mizunoグラブ作りの総帥、坪田信義(初代「現代の名工」表彰者)がみずから革を包丁で断ち、
ポンチで革ヒモ通し孔を空け革の調子を整えて、即戦力とまで仕上げたグラブ。
s-hiyokohatome.jpg

★「ドテ部分」を補強するため?特製の金属ハトメで締め具合をリジッドに保つ工夫が

制作されて以来、すでに30年経たものとはとても思えぬほど、それは驚くべき状態に保全されています。

こうした「作り手」「使い手」との合作による『グラブという名の、努力の結晶』が、「現代骨董品」とし
て得体の知れぬ、時には数量の特定すらないようなシロモノというか、凡百ある「ゲー術品」を踏みしだ
き、人々からもてはやされ、『有形文化財』に準ずる評価を見直される時代がきっとやって来ます。

 

商品番号 hirotagug
商品名 阪神に優勝贈った一寸法師坪田製GU
販売価格 324,000円
税別価格 300,000円
送料区分 送料別
配送タイプ 佐川急便
在庫

数量: