商品詳細

ジョーダン[幻の45]実使用特納AJ-10


ジョーダン復帰直後実使用
驚くべき品の蔵出し
公式戦用「45」刺繍入り
サインも代表的な筆致だ
本Aj-10タグ
[95年1/3]電撃復帰3ヶ月前!!
ブルズホーム用GUと復帰を支えた
まさに一瞬の夢だった『MJ45』

1994-95シーズンも後半に入った94年、クリスマス前のことだった。

  ジョーダンはある朝のこと、球団関係者へ一斉に電話を入れた。『オレは戻る(I'm back)!!』。
 受話器の向こうでは受けた者たち一人ひとりが騒ぎ、興奮の極となった。BULLSのレーンズドルフオーナーはじめ、中でも最大の支援者(創業者フィル・ナイトのいる)であるナイキには、それは12月上旬に伝えられた。[エアジョーダンの神]が再び降臨するとなれば、同社のドル箱シリーズがまた世界のシューズ市場でトップに返り咲く。その経済規模は「三桁の億(円)」もの利益をもたらすだけに、同社とのリンク確保が最優先となる。驚いたことにその年末、ナイキには『3月電撃復帰』の際の「暫定背番号45」まで伝えられていたのである。
(「45背番号入り実使用シューズのタグ」参照)

後半戦、実父の急逝に伴い『彼が最後に目蓋にあった背番号23と共に引退する』として、あのトレードマークの背番号もNBAに返上(永久欠番)してあったジョーダンだけに、その復帰の報に誰もがひっくり返った。当時、それは地球規模で彼の「復帰」はニュース速報として駆け回ったほどだった。そして人々は同じ言葉で、こうささやき合ったものだった。
『じゃあ、背番号はどうなるんだ 「23」か?』
ジョーダンはニュース配信に先駆けて、練習施設のバートセンターに旧友らと交歓するフリをして、11月からシカゴの厳寒のなか、愛用のジープチェロキーで通っていたのである。
『「23」を復活させる手続きなど二の次だ。とにかくコートへ戻るのが先決』、野球のユニフォームとグラウンドコートを脱ぎ捨てたマイケル・ジェフェリイ・ジョーダン。ついにその95年3月19日、戦線に復帰する。
「暫定」とはいえ、兄の着けていた
この番号45を背にする意思を固め、(「23」復帰が公認される)4月22日までの短い間苦楽を共にした。本個体はそのかんわずか『8試合のホームゲーム』のいずれかで実使用された一足。NIKEエアジョーダン10シカゴ『MJ特別仕様「45版」』サイズ13インチのテーラーメード。
本品も白ジャージと同様「8試合のうちの一試合」でジョーダンによって使用された個体である。
当シーズン終盤にはこの「45」はもとより、「復活『23』」も入らないプレーンタイプのみ支給されていたため、この『45』刺繍入り(しかもサイン入り贈呈された品)となると、本個体の総数はきわめて少ないと思われる。                                      国際相場:2,500,000万円 

商品番号 mj45shoes
商品名 ジョーダン[幻の45]実使用特納AJ-10
販売価格 2,700,000円
税別価格 2,500,000円
送料区分 送料別
配送タイプ 佐川急便
在庫

数量:

あの頃、
ボクの心のヒーローだったスターのぬくもり、
それを「身近に置ける」ようになったいま、
「夢」を夢で終わらせない…。

真贋を見きわめたうえ、
ご提案しています。
 

商品カテゴリ
商品検索
キーワード
商品詳細

ジョーダン[幻の45]実使用特納AJ-10


ジョーダン復帰直後実使用
驚くべき品の蔵出し
公式戦用「45」刺繍入り
サインも代表的な筆致だ
本Aj-10タグ
[95年1/3]電撃復帰3ヶ月前!!
ブルズホーム用GUと復帰を支えた
まさに一瞬の夢だった『MJ45』

1994-95シーズンも後半に入った94年、クリスマス前のことだった。

  ジョーダンはある朝のこと、球団関係者へ一斉に電話を入れた。『オレは戻る(I'm back)!!』。
 受話器の向こうでは受けた者たち一人ひとりが騒ぎ、興奮の極となった。BULLSのレーンズドルフオーナーはじめ、中でも最大の支援者(創業者フィル・ナイトのいる)であるナイキには、それは12月上旬に伝えられた。[エアジョーダンの神]が再び降臨するとなれば、同社のドル箱シリーズがまた世界のシューズ市場でトップに返り咲く。その経済規模は「三桁の億(円)」もの利益をもたらすだけに、同社とのリンク確保が最優先となる。驚いたことにその年末、ナイキには『3月電撃復帰』の際の「暫定背番号45」まで伝えられていたのである。
(「45背番号入り実使用シューズのタグ」参照)

後半戦、実父の急逝に伴い『彼が最後に目蓋にあった背番号23と共に引退する』として、あのトレードマークの背番号もNBAに返上(永久欠番)してあったジョーダンだけに、その復帰の報に誰もがひっくり返った。当時、それは地球規模で彼の「復帰」はニュース速報として駆け回ったほどだった。そして人々は同じ言葉で、こうささやき合ったものだった。
『じゃあ、背番号はどうなるんだ 「23」か?』
ジョーダンはニュース配信に先駆けて、練習施設のバートセンターに旧友らと交歓するフリをして、11月からシカゴの厳寒のなか、愛用のジープチェロキーで通っていたのである。
『「23」を復活させる手続きなど二の次だ。とにかくコートへ戻るのが先決』、野球のユニフォームとグラウンドコートを脱ぎ捨てたマイケル・ジェフェリイ・ジョーダン。ついにその95年3月19日、戦線に復帰する。
「暫定」とはいえ、兄の着けていた
この番号45を背にする意思を固め、(「23」復帰が公認される)4月22日までの短い間苦楽を共にした。本個体はそのかんわずか『8試合のホームゲーム』のいずれかで実使用された一足。NIKEエアジョーダン10シカゴ『MJ特別仕様「45版」』サイズ13インチのテーラーメード。
本品も白ジャージと同様「8試合のうちの一試合」でジョーダンによって使用された個体である。
当シーズン終盤にはこの「45」はもとより、「復活『23』」も入らないプレーンタイプのみ支給されていたため、この『45』刺繍入り(しかもサイン入り贈呈された品)となると、本個体の総数はきわめて少ないと思われる。                                      国際相場:2,500,000万円 

商品番号 mj45shoes
商品名 ジョーダン[幻の45]実使用特納AJ-10
販売価格 2,700,000円
税別価格 2,500,000円
送料区分 送料別
配送タイプ 佐川急便
在庫

数量: