商品詳細

幻!!イチロー[最初の一枚]99年MARINERSキャンプ留学時Sig入






イチロー『生涯最初に袖を通したメジャーのユニフォーム』

1999MARINERS正式入団前の春キャンプで制式に支給され、着用した選手用制式CAMP用ユニフォーム(99年オリックス在籍当時の)サイン入り。

 
 販売終了非売 価格とともにこれ以上の情報提供は終了しました。

★イチローにとって、メジャー入りは2001年の春だった。

本品はそれより以前、1999年春にイチローが着用したものである。
プロでのデヴューが92年7月の二軍スタート。
それ以降、日本における数々のバッティングタイトル、そして最年少で
MVP、正力賞などまで総なめ、さらに数々の日本記録を更新し続けていた天才イチロー。

今となっては、世界一の安打数を誇る誰もが認める世界一へと独走を重ねて今に至る。

当時、得体の知れぬ才能を前にして、日本の誰もが唖然としていたのを思い出す。
そのうち、彼のメジャー行きを熱望するのもやむなしとする声は、本人にとどまらず国内からも沸き上がってきていた。

これまで「実働6年」でありながら、すでに頂点のその上を舞ってメジャーを視野にしていたイチローを、是が非でも翻意させたい当時のオリックス井箟社長は一計を案じた。
『いっそメジャーの実力を借りて逆にぎゃふんと言わせてもらおう』と画策したのである、つまりイチローはじめメジャー志向の星野投手ら4名を提携球団=シアトル・マリナーズの春キャンプという『短期留学』へと送り込んだのである。

1999年の春ピオリアの地でイチローは、念願だった天才打者グゥインや尊敬するグリフィーJr.らと同じグラウンドについに立ったのである。

マリナーズの外野では、中堅のグリフィーが遠投する白球を右翼のイチローがズシリとキャッチする・・・。この実存感ある手ごたえ・・・。
敵主力グゥインを打席に迎えると、その初球、恐ろしいまでのラインドライヴがイチローの右を突き刺した。それはかつて見たこともないようなスピードの白い矢であった。

その晩、ピオリアでの私との夕食の席でイチローは目をランランとさせたまま、終始興奮を抑えようとしなかった。井箟社長の目論見はもろくも崩れた。
イチローは彼らの迫力を前にしても、臆するどころか、『ここは野球の天国』と、かえって一刻も早いメジャー入りへチャンネルを切り替えてしまう契機となった。

反面、スタンドからもイチローの人間離れした才能に、早くも各球団スカウトらが刮目してしまい、二年後の [メジャー契約]実現へと準備は着々と進んでゆくのであった。

★本品はその際の、「メジャー初体験キャンプ99」で、MARINERSから[51 ICHIRO]の文字も鮮やかなキャンプ用ユニフォームが支給され、その期間着用していた忘れじの1着。

さらに特筆すべきは「サイン」だ。
というのも、きわめて(自己のステイタスに)律儀な性格の鈴木一郎君らしく、当時「オリックス球団傘下選手」の身分だった彼。それにしたがい、その時点でしたためられたサインとは、あくまで「日本人ブルーウェーヴ選手としての『イチロー51 
ICHIRO』」と、オリックス当時』のサイン書体で記されている!!ことに、昔のサイン筆跡例に詳しいファンほど驚くはずである。

こんなサインと土台が「相互クロスした実使用もの」など、イチローに限っては、生涯おそらく最初で最後の「きわめて異例な『オリックスICHIROサイン入り』『MARINERS』ユニフォーム」として間違いない。


世界一となったイチローにとりメジャー最初のなかでも、最初の上陸碑となるもの。
米国でもこれだけのものは皆無です。        
                        
国際相場は今や US$100.000超

商品番号 99campichi
商品名 幻!!イチロー[最初の一枚]99年MARINERSキャンプ留学時Sig入
販売価格 1,234,567円
税別価格 1,143,117円
送料区分 送料別
配送タイプ 佐川急便
在庫

数量:

あの頃、
ボクの心のヒーローだったスターのぬくもり、
それを「身近に置ける」ようになったいま、
「夢」を夢で終わらせない…。

真贋を見きわめたうえ、
ご提案しています。
 

商品カテゴリ
商品検索
キーワード
商品詳細

幻!!イチロー[最初の一枚]99年MARINERSキャンプ留学時Sig入






イチロー『生涯最初に袖を通したメジャーのユニフォーム』

1999MARINERS正式入団前の春キャンプで制式に支給され、着用した選手用制式CAMP用ユニフォーム(99年オリックス在籍当時の)サイン入り。

 
 販売終了非売 価格とともにこれ以上の情報提供は終了しました。

★イチローにとって、メジャー入りは2001年の春だった。

本品はそれより以前、1999年春にイチローが着用したものである。
プロでのデヴューが92年7月の二軍スタート。
それ以降、日本における数々のバッティングタイトル、そして最年少で
MVP、正力賞などまで総なめ、さらに数々の日本記録を更新し続けていた天才イチロー。

今となっては、世界一の安打数を誇る誰もが認める世界一へと独走を重ねて今に至る。

当時、得体の知れぬ才能を前にして、日本の誰もが唖然としていたのを思い出す。
そのうち、彼のメジャー行きを熱望するのもやむなしとする声は、本人にとどまらず国内からも沸き上がってきていた。

これまで「実働6年」でありながら、すでに頂点のその上を舞ってメジャーを視野にしていたイチローを、是が非でも翻意させたい当時のオリックス井箟社長は一計を案じた。
『いっそメジャーの実力を借りて逆にぎゃふんと言わせてもらおう』と画策したのである、つまりイチローはじめメジャー志向の星野投手ら4名を提携球団=シアトル・マリナーズの春キャンプという『短期留学』へと送り込んだのである。

1999年の春ピオリアの地でイチローは、念願だった天才打者グゥインや尊敬するグリフィーJr.らと同じグラウンドについに立ったのである。

マリナーズの外野では、中堅のグリフィーが遠投する白球を右翼のイチローがズシリとキャッチする・・・。この実存感ある手ごたえ・・・。
敵主力グゥインを打席に迎えると、その初球、恐ろしいまでのラインドライヴがイチローの右を突き刺した。それはかつて見たこともないようなスピードの白い矢であった。

その晩、ピオリアでの私との夕食の席でイチローは目をランランとさせたまま、終始興奮を抑えようとしなかった。井箟社長の目論見はもろくも崩れた。
イチローは彼らの迫力を前にしても、臆するどころか、『ここは野球の天国』と、かえって一刻も早いメジャー入りへチャンネルを切り替えてしまう契機となった。

反面、スタンドからもイチローの人間離れした才能に、早くも各球団スカウトらが刮目してしまい、二年後の [メジャー契約]実現へと準備は着々と進んでゆくのであった。

★本品はその際の、「メジャー初体験キャンプ99」で、MARINERSから[51 ICHIRO]の文字も鮮やかなキャンプ用ユニフォームが支給され、その期間着用していた忘れじの1着。

さらに特筆すべきは「サイン」だ。
というのも、きわめて(自己のステイタスに)律儀な性格の鈴木一郎君らしく、当時「オリックス球団傘下選手」の身分だった彼。それにしたがい、その時点でしたためられたサインとは、あくまで「日本人ブルーウェーヴ選手としての『イチロー51 
ICHIRO』」と、オリックス当時』のサイン書体で記されている!!ことに、昔のサイン筆跡例に詳しいファンほど驚くはずである。

こんなサインと土台が「相互クロスした実使用もの」など、イチローに限っては、生涯おそらく最初で最後の「きわめて異例な『オリックスICHIROサイン入り』『MARINERS』ユニフォーム」として間違いない。


世界一となったイチローにとりメジャー最初のなかでも、最初の上陸碑となるもの。
米国でもこれだけのものは皆無です。        
                        
国際相場は今や US$100.000超

商品番号 99campichi
商品名 幻!!イチロー[最初の一枚]99年MARINERSキャンプ留学時Sig入
販売価格 1,234,567円
税別価格 1,143,117円
送料区分 送料別
配送タイプ 佐川急便
在庫

数量: