商品詳細

伝説ジャッキー・ロビンソン「機長秘蔵の筆」家宝級








アップ後最短時間実質1日で、「品切れ」となりました。ご注目に感謝!

ジャッキー・ロビンソン全盛期メッセージつきサイン入り機内食メニュー豪華メモリアル額装

 販売終了非売 価格とともにこれ以上の情報提供は終了しました。

本来であれば、本品はアメリカ本国から国外へ出てはならない品、彼ら国民にとっての至宝であるはずです。

小社でもこれにつき多くを語って、無理にお買い上げ戴くような品でもないと思います。

メジャーリーグ全球団から、彼の背番号「42」は着けてはならない欠番として尊重された唯一の偉人ジャッキー。
在籍していたドジャースのOBらと親しくさせて頂いた際に、酒が入ると必ずこのジャッキーの話になります。
『…へ遠征に行った時のバーで』『相手チームXXがケチ付けてきたから』『きたねえヤジ飛ばしやがるんで…』
どれもこれも、ジャッキーに浴びせられた差別と卑語に対して1950年代にチームメイトだった彼らがジャッキー
を守り、手を出させぬようにしてスクラムを組み取っ組み合いでの連戦連勝を気持ち良さそうに語ってくれる。
先ほど公開されたハリウッド映画「42」では、そうしたド軍の仲間たちの武勇伝の100分の1ほど(笑)が紹介
された場面で、ラルフ・ブランカ(=バレンタイン監督の義父)という実在の投手が登場。
小生に語ってくれたとおりにジャッキーをかばい親身になって守るといった役どころを演ずる役者の姿に、この
実話映画のズッシリとした現実感がのしかかり、『ラルフ・・・やっぱりそんなにいいヤツだったんだ』
1ミリも画面から顔も動かせぬまま全身の鳥肌が立ち、両目からは涙の流れ落ちけして止まることがないという
経験をさせてもらったものです。

『ジャッキーは最後まで差別と出会ってきたが、それとの闘いの最前線に立つ事はなく、ことごとく「仲間」が
楯となって戦ってくれたため、最後まで「控え目」に生き抜いた』
だが『我われの最後の一人までが自由でないかぎり、このアメリカには自由はない』
こう付け加えることだけは忘れなかった。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★

本品は1950年台初頭、ドジャースの一員となったジャッキーがチームでロードゲームへの移動中に利用した、
今はなきTWA(トランスワールドエア)のファーストクラス=呼称:Ambasador Classに搭乗中、機長から
コクピットへの招待を受け見学後、求めに応じそのクラスの(JRが使用した痕跡がある)メニュー表紙に直筆
サインを『BestWishes(幸多かれ)』といった異例の書き込みを成して贈呈したもの。

その後は機長宅で「家宝」として保存されてきた。注目すべきは当時の民間航空機長というと全て白人の時代。
そうした人物が、国家的に賛否の議論を沸騰させていたジャッキー本人がファーストクラスの人となって搭乗し、
面識を得てあえてサインを願い出て大事にしていたという見識の高さに注目した。さらに我田引水すれば、
ジャッキーという存在が社会に突き付けた、まさにこの当時50年初め頃の社会的背景やメジャー選手のステイタ
スを語って放さない、上級機内食のメニューといった原版に刻んだサインという自己証明性は幾重にも重い。
*額装は東京都荒川区無形文化財マイスター 額装師 吉田司氏のデザイン 署名入り 71x58cm
 Jackie_Robinson_Day_Logo.jpg

商品番号 jackey
商品名 伝説ジャッキー・ロビンソン「機長秘蔵の筆」家宝級
販売価格 123,456円
税別価格 114,311円
送料区分 送料込
配送タイプ 佐川急便
在庫

数量:

あの頃、
ボクの心のヒーローだったスターのぬくもり、
それを「身近に置ける」ようになったいま、
「夢」を夢で終わらせない…。

真贋を見きわめたうえ、
ご提案しています。
 

商品カテゴリ
商品検索
キーワード
商品詳細

伝説ジャッキー・ロビンソン「機長秘蔵の筆」家宝級








アップ後最短時間実質1日で、「品切れ」となりました。ご注目に感謝!

ジャッキー・ロビンソン全盛期メッセージつきサイン入り機内食メニュー豪華メモリアル額装

 販売終了非売 価格とともにこれ以上の情報提供は終了しました。

本来であれば、本品はアメリカ本国から国外へ出てはならない品、彼ら国民にとっての至宝であるはずです。

小社でもこれにつき多くを語って、無理にお買い上げ戴くような品でもないと思います。

メジャーリーグ全球団から、彼の背番号「42」は着けてはならない欠番として尊重された唯一の偉人ジャッキー。
在籍していたドジャースのOBらと親しくさせて頂いた際に、酒が入ると必ずこのジャッキーの話になります。
『…へ遠征に行った時のバーで』『相手チームXXがケチ付けてきたから』『きたねえヤジ飛ばしやがるんで…』
どれもこれも、ジャッキーに浴びせられた差別と卑語に対して1950年代にチームメイトだった彼らがジャッキー
を守り、手を出させぬようにしてスクラムを組み取っ組み合いでの連戦連勝を気持ち良さそうに語ってくれる。
先ほど公開されたハリウッド映画「42」では、そうしたド軍の仲間たちの武勇伝の100分の1ほど(笑)が紹介
された場面で、ラルフ・ブランカ(=バレンタイン監督の義父)という実在の投手が登場。
小生に語ってくれたとおりにジャッキーをかばい親身になって守るといった役どころを演ずる役者の姿に、この
実話映画のズッシリとした現実感がのしかかり、『ラルフ・・・やっぱりそんなにいいヤツだったんだ』
1ミリも画面から顔も動かせぬまま全身の鳥肌が立ち、両目からは涙の流れ落ちけして止まることがないという
経験をさせてもらったものです。

『ジャッキーは最後まで差別と出会ってきたが、それとの闘いの最前線に立つ事はなく、ことごとく「仲間」が
楯となって戦ってくれたため、最後まで「控え目」に生き抜いた』
だが『我われの最後の一人までが自由でないかぎり、このアメリカには自由はない』
こう付け加えることだけは忘れなかった。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★

本品は1950年台初頭、ドジャースの一員となったジャッキーがチームでロードゲームへの移動中に利用した、
今はなきTWA(トランスワールドエア)のファーストクラス=呼称:Ambasador Classに搭乗中、機長から
コクピットへの招待を受け見学後、求めに応じそのクラスの(JRが使用した痕跡がある)メニュー表紙に直筆
サインを『BestWishes(幸多かれ)』といった異例の書き込みを成して贈呈したもの。

その後は機長宅で「家宝」として保存されてきた。注目すべきは当時の民間航空機長というと全て白人の時代。
そうした人物が、国家的に賛否の議論を沸騰させていたジャッキー本人がファーストクラスの人となって搭乗し、
面識を得てあえてサインを願い出て大事にしていたという見識の高さに注目した。さらに我田引水すれば、
ジャッキーという存在が社会に突き付けた、まさにこの当時50年初め頃の社会的背景やメジャー選手のステイタ
スを語って放さない、上級機内食のメニューといった原版に刻んだサインという自己証明性は幾重にも重い。
*額装は東京都荒川区無形文化財マイスター 額装師 吉田司氏のデザイン 署名入り 71x58cm
 Jackie_Robinson_Day_Logo.jpg

商品番号 jackey
商品名 伝説ジャッキー・ロビンソン「機長秘蔵の筆」家宝級
販売価格 123,456円
税別価格 114,311円
送料区分 送料込
配送タイプ 佐川急便
在庫

数量: